house

物件の購入価格

交渉で1割値下げも可能な物件の相場

格安な一戸建て住宅を購入する場合には、特定の沿線に注目して物件を探すのが最も有効な方法である。特に都心の北側のエリアに着目することで、2000万円前後でゆとりのある間取りの物件が探せるであろう。しかも東武東上線沿線の物件に注目することで、値下げが行われたお得な一戸建ても見つけることが可能である。また値下げ物件には中古の一戸建てが多い一方で、分譲後3カ月から半年が経過した新築物件も選べるであろう。また値下げ物件であっても良いタイミングで業者と交渉を行うことで、更に1割程度値下げしてもらうことが可能であろう。特に東武東上線エリアの中でも都心から60分から80分程度の地域であれば、即入居可能な格安物件も見つかるであろう。

これまでの格安物件販売の歴史

東武東上線の沿線は昭和30年代以降から、次第に北に向かって開発が進められたのが最大の特色である。また森林公園よりも北部のエリアで大規模に一戸建てが分譲されたのが、昭和50年から60年前後のことである。しかしバブル崩壊後は東武東上線沿線の不動産価格も割安になったので、最近では都心に比較的近いエリアで物件を探すのがトレンドである。とりわけ東武東上線と地下鉄の両方が使えるので、和光市周辺の物件が大人気である。また不動産を販売する業者も販売物件の回転率を高めるために、すぐに値下げをするのが最近の10年間の動向である。したがって個別の業者のウェブサイトをチェックすることで、100万円単位で大胆に値下げをした物件も見つかるであろう。

Copyright© 2015 住宅選びはタイミングが大切です|一目惚れMYホーム All Rights Reserved.