house

ローンの返済

住宅ローンで失敗しないために

注文住宅を建築する際には一般的に建売住宅よりも多くの費用が掛かります。ですから予算を明確にして住宅建築に臨む必要があります。ほとんどの人が住宅ローンを組んで住宅を手に入れますが、ローンを借りる前二は事前の審査が行われます。注文住宅を建築する場合事前にある程度住宅の間取りを確定させた上でその間取りを実現するために必要な費用を算出します。その価格をもとにローンで借入する額を決定しその額の融資が可能かを金融機関に事前審査を行います。この審査ではローンを組む人の年収や勤務先、勤続年数など必要な個人情報を収集し融資の可否を判断します。ここで注意をしなければならないのは融資してもらえるからといってその額が必ず返済できるとは限りません。もちろん金融機関側も返済が可能と見込める額しか貸し出しをしたがりません。とはいえ社会情勢や家族構成、子供の進学などにより必要なお金はその時々で変わってくるのです。ある程度しっかりとした計画を立てて融資額を決定する必要があるのです。

ローンの融資額の上下

住宅ローンを組む場合には融資を受ける金融機関によって返済費用に差が出てきます。というのも金融機関によって金利が異なります。金利が0.01%異なっただけでも融資額が数千万円の場合返済額に数十万円から数百万円の差が出ることも少なくありません。 注文住宅を建築する場合には住宅の費用ばかりに神経を使いがちですが、返済計画を考えることで数十万円から数百万円もの差が出てくるのです。とはいえ注文住宅の場合ちょっとした変更をするだけで費用があっという間に数十万、数百万円変わってきます。ですから事前審査の額よりも増額したいとなると本審査で審査をし直しということもあるので最初の計画段階である程度正確な融資額を決める必要があります。

Copyright© 2015 住宅選びはタイミングが大切です|一目惚れMYホーム All Rights Reserved.