house

選ぶ方法

新築住宅がいいか、それとも中古住宅がいいか

住宅を購入するときに迷うのは、新築住宅がいいか中古住宅がいいかということです。 どちらも住めればいいやという感じであれば中古住宅が良いのでしょうが、長年住む家ですのでこだわりがあって当然です。 最近の傾向としては、中古住宅の数が増えてきています。これは、少子高齢化社会に伴い、老人が増えてきているからです。つまり、人口増減で言えばいくらかは人口が減少しているだけとは言え、16歳から65歳までの労働人口がより減少してきているのです。これにより住宅を購入できる人が減ってきています。単にそれだけではなく、収入も減ってきているため、なかなか住宅を購入することができないのです。 さらに、新築住宅は人気があるため、中古住宅が増え続けても、新築住宅を建てつづけているのです。

中古住宅の魅力はリノベーションにあり

このように、背景としては新築住宅が増えており、それに反して中古住宅もまた増えているという複雑な感じになっています。 今後の対策としては、新築住宅よりも中古住宅を何とかしなければならないというのが、国の課題になるはずです。 そもそも、なぜ中古住宅が嫌がられるのでしょうか。ちゅこ住宅と新築住宅を比較した時に、新築住宅に住みたいと考える人たちの一番の理由は、誰も住んだことがない新築住宅は気持ちがいいからというものです。裏を返せば、知らない人が住んでいた中古住宅を購入するのは抵抗があるということなのです。 そこで、中古住宅をリノベーションするという方法が出てきました。これにより、中古住宅も新築住宅と同様になるため、中古住宅の魅力も少しずつ見直されてきているのです。

Copyright© 2015 住宅選びはタイミングが大切です|一目惚れMYホーム All Rights Reserved.